産業用クラベール >> 遊休地の土地活用

過去の支援実績はこちらから

太陽光発電で土地活用 クラベールサービス紹介


遊休地活用の切り札

野立て太陽光発電

2012年7月にスタートした全量固定買取制度は太陽光発電で生み出した電力を20年間一定額で買い取ることを国が保証した制度です。
この全量固定買取制度が今、大きな注目を集めています。
では、なぜ注目されているのでしょうか。

 

それは「電気が高く売れる」からです!

 

通常電気は1kwh20円前半の価格で電力会社から買います。ですが、太陽光発電で生み出した電力は1kwhあたり37.8円(平成25年度)で売ることができるのです。
太陽光発電で生み出した電力は電力会社が販売する価格よりも高い価格で買い取ってもらえるのです。
つまり、遊んでいる土地(遊休地)に太陽光発電システムを設置することで収益化することができるということなのです。

 

「じゃあ、設置費用は? 何年で回収できるの?」
そのご質問には次の投資回収シミュレーションをご確認ください。


投資効果

48kwシミュレーション

初期設備費用 1,450万円
年間予想発電量 55,993kwh
年間予想売電収益 212万円
20年間予想売電収益 4,240万円
原価予想回収期間 6年11ヶ月
備考 *回収時期は地域、設置条件、気象条件により変動します。
*売電価格37.8円で算出

太陽光発電部材・設置工事費内訳

品名 数量 税抜金額
太陽電池モジュール 192 4,320,000
パワーコンディショナー 5 2,880,000
交流集電箱 1 240,000
架台 1 2,496,000
配線・ケーブル類 1 693,000
施工関係費 1 3,153,000
小 計 14,474,250(税込み)

いかがでしょうか。上記の太陽光発電システムを遊休地に設置した場合、初期費用は1,450万円で年間の売電収益は212万円となります。
また設置場所の日射量は独立行政法人NEDOのデータベースを利用しますのでこの売電収益額は正確な数値だと言えます。

 

土地活用の方法としてアパート経営をイメージされる方も多いようですが、コストをかけた定期的な改修工事や近隣の新築物件との競争など入居率を高く維持する事は実際難しいと思われます。

 

では太陽光発電はどうでしょうか。2012年7月にスタートした再生可能エネルギーの全量固定買取制度は国が1kwhあたり37.8円(平成25年度)20年間の買取を保証しています。
これは20年間入居率100%のアパート経営と同じことが太陽がある限り20年間可能だということです。
また維持コストは売電収益の5%程度となり、最終的な撤去費用も建築物と比較すると遥かに安価です。

税制面での優遇

グリーン投資減税

太陽光発電設備の導入を行うと税制面で優遇される「グリーン投資減税」の恩恵を受けることができます。
まず制度の内容をご確認ください。

1. 青色申告をしている中小企業者に限り、設備取得価額の7%相当額の税額控除
2. 青色申告をしている法人・個人を対象に普通償却に加え取得額の30%相当額を限度に償却できる特別償却
3. 青色申告をしている法人・個人を対象に取得価額の全額償却(100%償却、即時償却)できる特別償却

 

グリーン投資減税の100%全額即時償却は平成25年3月末が期限でしたが延長される方向で調整されています。

グリーン投資減税の利点は太陽光発電設備導入にかかった費用を全額即時償却できる点にあります。今期予想以上に利益が出たという場合に導入費全額を経費算入できるので税金を抑えることができます。また青色申告を行っていれば個人でも適用されます。

*対象となる設備は10kw以上のシステムで電力の買取制度の認定対象であることが条件です。

太陽光発電に適した土地(遊休地)

適した土地の条件
土地イメージ

 

日当りが良いということは言うまでもありませんが、太陽光発電はパネルに光が当たることで発電を行います。
建物や木の影など発電に影響しますので、日射を遮るものがないか確認する必要があります。また、土地の起伏が激しい場合は造成を行う必要があり、その分イニシャルコストがかさみますので造成の必要のない平らな土地が適していると言えます。
さらに3.近隣に送電設備(電柱)がある必要があります。発電した電力を電力会社まで送電する設備が近くまで来ていない場合、電力会社に依頼し電柱を建ててもらう必要があり、基本的にこれも施主の負担となります。

 

上記3つの条件を満たしている土地とは、つまりイニシャルコストを抑え(回収期間が短い)大きなリターンが期待できる太陽光に適した土地ということになります。

 

また、土地はどのくらいの広さが必要になるのでしょうか。
1つの目安として1kwのシステムを設置するのに10平米の広さが必要になると覚えておくと大きく外れることはありません。先の投資回収シュミレーションではおおよそ500〜700平米(約150〜200坪)の広さの土地が必要です。

 

また、池や沼地の場合はフロート架台利用により太陽光発電が可能な場合があります。
詳しくは当社コンサルタントにご相談ください。
*地目が農地の場合は事前に管轄の農業委員会に農地転用の申請を行い許可される必要があります。

クラベールのコンサルティング

太陽光発電コンサルタント紹介

コンサルタント紹介

お問合せは

事例紹介

産業用太陽光設置事例

 

産業用太陽光設置事例

設置のながれ

お問合せ・ご相談

まず、フリーダイヤル0120-156-226またはメールフォームよりお問合せください。
スタッフが土地の状態を確認させていただきますので、事前に下記の内容をご確認いただけますと以降のご案内がスムーズです。

 

・日当り(日射を遮るものがあるか)
・地目(農地の場合は農地転用が必要です)
・送電設備の有無(近くの電柱から土地までの距離)
・造成の必要性(建物が建っている、資材が置いてあるなど)
・土地の広さ
・地番(住所)
・地権者
・ご予算(設備導入費用)

 

土地の場所を特定するために地図などをFAX頂く場合がございます。お問合せ、ご案内は一切費用はかかりません。
地域、システム容量、施主様のご要望などを考慮し、担当アドバイザーが提携施工会社の中から最適な3社へ見積もり依頼を致します。

一括見積もりサービスについて詳しくはこちら

産業用太陽光発電システムのご提案

1〜3営業日以内にクラベール提携施工会社よりご連絡させていただきます。
実際に現地調査の上、導入費用・回収シミュレーションをご提示致します。

ご契約

発電システムを複数プラン提案致しますので、ご予算に合わせて導入いただけます。
ご契約は提携の施工会社とお客様、当事者間で締結いただいております。

各種申請・造成・設置工事

売電申請を管轄官庁、電力会社に行います。同時に土地の造成、設備設置工事を行います。
期間は規模にもよりますが、約2週間〜1ヶ月となります。

発電開始

電力会社と系統連系を行い、発電開始です。

 

一括見積もりのご依頼

産業用太陽光発電の導入は大きな投資であり、20年間の運用が必要になります。収益性やメンテナンス体制、もちろんイニシャルコストなど複数社からの提案を比較検討しなければ最良の選択はできません。
 
クラベールではサービス開始以来50,000kwを超える(2013年3月現在)導入支援実績がございます。ご紹介させていただく施工会社も独自の基準を満たした業者のみ。遊休地の有効活用にクラベールのサービスをぜひ、ご利用ください。


一括見積もり依頼

クラベールの一括見積もりサービスの特長はこちら